技術教育出版(有)
 

 

セミナー情報


 


―「化粧品処方の基礎・最新技術とトレンド-乳化、液晶、αゲル、DIY-」―

 
 
開催日: 2022年1月31日(月)13時15分〜16時25分(入室13時)(ZOOMによるオンラインセミナーのご案内)
参加費: 18,000円(税込)
予稿集: 開催日が近くなりましたら、ご郵送いたします。
申込先: 技術教育出版社:〒166‐0015東京都杉並区成田東3−3−14ニックハイムビル106
Tel/03(5913)8548:Fax/03(5913)8549
 

◆お申込みいただいた皆様には、開催日が近くなりましたら、アクセス用URL等をメールにて通知いたします。なお、アクセス用URLはご登録者以外に絶対に知らせないでください
 
◆開催のねらい:
化粧品処方の基礎的技術、実際に役立つ技術、最近の技術トレンドについて第一線で活躍する講師の皆さんにご講演いただきます。



 


 
 
◆プログラム(講演概要)
時間 演題

13時15分〜14時15分

「処方開発に必要な界面活性剤と乳化の基礎」
ニッコールグループ桓スモステクニカルセンター 鈴木敏幸氏


化粧品処方には、乳化・分散・可溶化系が最も多く用いられています。使用感や持続性、親和性、保湿性などの機能は素材と製剤の調和により発揮されます。処方開発のポイントとなる界面活性剤について、分子構造と会合構造の関係、界面活性剤の性能を知る上での重要な因子と相挙動についてお話しいたします。また、処方開発時の界面活性剤の選択と用いかた、乳化・分散系への応用について実例を用いながら分かりやすく解説いたします。




14時25分〜15時15分



「液晶、αゲルの生成と応用製剤開発」
ニッコールグループ桓スモステクニカルセンター 鈴木敏幸氏


界面活性剤や極性脂質など、分子内に親水基・親油基を持つ両親媒性の分子は疎水性相互作用により会合体を形成します。液晶とαゲルはともに無限会合体ですが、その状態と挙動は大きく異なります。ここでは、液晶とαゲルの違いと見分け方、調製法を示した上で、液晶・αゲルを用いた特徴有る製剤の調製と応用について解説いたします。事例として、ラメラ液晶を用いた自己乳化性透明ゲル製剤、αゲルを生かした高保湿エマルションなどをご紹介いたします。







15時20分〜15時50分 「αゲル調製とヘアコンディショナー製剤への応用―さらなる使用感向上へ」花王岩V藤隆儀氏

ヘアコンディショナーの使用感とαゲル構造は密接に関係していることが知られていますが、その詳細に関しては未だ解明されていない点が多いのが現状です。本発表では、ヘアコンディショナー塗布時の使用感とαゲル構造の関係、およびその制御方法を検討した結果について紹介させて頂きます。



15時55分〜16時25分 「Do-It-Yourself 化粧品:自分だけの化粧品をつくるよろこび」
ポーラ化成工業(株)加治恵氏



近年、様々な分野でDo-it-yourself(DIY)人気が高まっているが、化粧品DIYは広がっていない。既存の乳化法は煩雑でDIYに適さないためだと考え、乳化剤の選定や温度制御が不要な両親媒性高分子粒子を用いた手軽な乳化法を開発した。本講演では、DIYという化粧品の新たな楽しみ方の実現に向けた取り組みを紹介する。

 
 


 
 
 
◆申込要項
お申し込み用紙(PDF)
*お申し込み用紙に必須事項をご記入のうえ、FAXにてお申し込み下さい。
 
■お申し込み・お問い合わせ先
 
技術教育出版社 セミナー担当 行き
技術教育出版社:〒166‐0015東京都杉並区成田東3−3−14ニックハイムビル106
Tel/03(5913)8548:Fax/03(5913)8549
URL https://www.kbsweb.org/Gijyutukyouiku
 

お申し込み:FAX:03-5913-8549
申し込み締切日:1月25日(火)ただし定員になり次第締め切り
お振込みは、当社より、請求書、聴講券が届いた後にお手続きをお願いいたします。振込み手数料はご負担下さい。

 
 

□本セミナーで使用される資料や配信動画は著作物であり、録音・録画、写真撮影、複写、転載、配布、上映、販売及びそれに類する行為は禁止事項です。□予稿集の複写(コピー)・電子化は著作権の侵害となり、禁止事項です。
□本セミナーはお申込みいただいた方のみ受講いただけます。複数端末から同時に視聴することや複数人での視聴は禁止事項です。そのような行為があった場合、視聴人数分の参加費を請求いたします。
■最近、1名の受講料で二つのアカウント(2台のPC)で入室しようとした利用者がいます。このような違法行為は、絶対におやめください。不正侵入者として強制退出させた場合、以後、そのアカウントでZOOMの利用はできなくなります。ご注意ください。



 
 
 
 



技術教育出版(有)
〒166‐0015東京都杉並区成田東3−3−14ニックハイムビル106
Tel/03(5913)8548
Fax/03(5913)8549
Copyright(C)2010-2019 Gijyutukyouiku All Rights Reserved.